注文住宅のメリット

自分たちの家族にぴったりの間取りを一から考えることができるのは、注文住宅の大きなメリットです。まず、部屋の広さを自由に決めることができます。大きなリビングでゆったりくつろぎたい、または、逆にコンパ…

注文住宅のデメリット

憧れの家造り。こだわりがたくさんあって注文住宅に決めた人もいるでしょう。しかし、注文住宅でありがちなのが、当初の計画よりも予算がオーバーしてしまうことです。やっぱりフローリングは無垢材にしたい、お…

難しい注文住宅の土地選定

注文住宅は顧客がオーダーメイドで注文してから建築するマイホームです。そのため、自分仕様のマイホームを手に入れることができます。

予算も調整できるのが注文住宅の魅力

注文住宅には建築費のほかに設計事務所への支払いがあることも注意

設計士に依頼するメリット

住宅を新築する場合、ハウスメーカー、工務店、設計事務所の3つから選ぶことになります。ハウスメーカーは全国展開する大手企業が中心で、同じ規格で建設する規格住宅が中心です。同規格の建材を大量に製造する…

設計士に依頼するデメリット

注文住宅は、ハウスメーカーや工務店に依頼することも多いですが、その一方で設計者に依頼する方法があります。ではこの時どのようなデメリットが考えられるかが問題になりますが、そのうちの一つは設計事務所に…

設計士の選び方

自由設計の注文住宅は、外装から内装まで細部にわたり自分の理想の住まいを実現することが可能です。このような注文住宅を建てる場合は、設計士や建築士のいる設計事務所に依頼しましょう。住宅建築を手がける業…

注文住宅の選び方

予算を削減する場合はどこを削るか

注文住宅を建築する場合でも、十分な予算がないことも少なくありません。このような場合には、少しでも魅力的な住宅を建築するために工夫をする必要があります。決して、予算が十分でなければ質の低い住宅になるわけではないことを知っておきましょう。では、どのような点に注意をしたらよいかですが、建物の形に注目する必要があります。建物の形は、角が多いほど予算が高くなりやすいです。なぜなら、その分だけ気の長さを調整するのに時間がかかってしまうからです。そこで、正方形や長方形の住宅にすることで予算を限りなく抑えることは可能です。 また、窓ガラスをつくるときにも窓枠の部分だけ切り抜かなければならないためお金がかかりやすいです。そこで、窓ガラスは必要最低限だけつけておいた方がよいです。

削らない方が良い部分もある

注文住宅の建築で、予算を削減する場合でもすべてにおいて削減するのではなく、必要な部分は残しておきそれ以外のものを取り払うのがいいです。では、どのような部分はコストを削減しない方がよいでしょうか。それは、家族それぞれの集まる場所になります。例えば4人家族の場合、リビングに人が集まることが多いですがこの点はしっかりとした設計をしておく必要があります。それほどお金はかけなくてもよいですが、十分なスペースをとっておくことと、必要最低限の設備をつけておいた方がよいです。 また、給湯器などはあまり安いものを使ってしまうと必要な時にお湯が出ないことが多くなりますので、可能な限り標準的なサイズのものを利用するべきでしょう。